もう少し家賃が低い物件にする

誰でも入居審査に通るとは限らない

進学する時や仕事を始める時、家族との生活をスタートさせる時などに賃貸物件を選ぶ人は多いです。住まいの購入に比べて準備すべき資金は少なく済みますし、他に住みたい賃貸物件が見つかった際は転居しても問題ありません。
ただ、賃貸物件を借りるためには審査に通らなければなりません。行われる入居審査を通ってようやく借りられるようになるので、気に入っている賃貸物件だったとしても、入居審査の内容によっては諦めざるを得ない状況も考えられます。
ですから、入居審査は誰でも通るとは限らないので、万が一のことを想定しておくことが大事です。たとえば、もう1つ住みたい賃貸物件を見つけておけば、1つ目の入居審査に落ちてしまったとしても、2つ目に切り替えるだけです。

家賃を下げれば通る確率がアップする

賃貸物件を借りるためには、入居審査の壁を突破しなければなりません。判断するのは大家や管理会社次第なので、結果は受け止めるしかないです。ただ、入居審査を通る確率は、家賃を下げることでアップさせることができます。
収入に対して高い家賃の賃貸物件に申し込みを行った場合は、支払いが滞るリスクが高いので審査に影響します。そのため、家賃を下げることで支払いが滞るリスクを下げられるので、審査にはプラスに働きます。
しかし、家賃を下げるとしても、納得できない部分が多い賃貸物件を選んでしまうと意味がありません。ですから、家賃を下げるだけではなく、しっかりと納得できる賃貸物件を選ぶことが重要なので、妥協点は少なくしましょう。

© Copyright Best Apartments In Sapporo. All Rights Reserved.